2015年01月30日

家族で嫁方の甥っ子

昨日は家族で、嫁方の甥っ子の結婚式に行ってまいりました。
なかなかよい雰囲気の結婚式場でした。 式は式場内のチャペル。
披露宴も最近は随分とライト?な空気で、reenex好唔好若い人(新郎新婦の友人たち)の弾けようには圧倒されました。
なんだか二次会のような演出もあり、大勢の友人に囲まれ祝福される姿はいいものですね。

私ども夫婦が一緒になったころは貧乏で、…Dr集團とはいっても二人とも真面目に働いてはおりましたが諸事情で余裕はありませんでした。
それで、式らしい式は挙げておりませんので、正直なところ結婚式や披露宴、あるいは結納や仲人さん、といった
一連のながれが、体験的にはよくわからずじまいです。
ですので、いずれうちの娘が嫁ぐとき、何がしてやれるのかな?なんて、ちょっと「花嫁の父」目線で今日の披露宴を見ていた部分もあります。

ちょうど私の席から新婦のお父さんが視界にあり、reenex hongkong否応なく顔色が見えてきます。
終始、浮かぬ顔…といっては失礼ですが、大事な娘を嫁がせる側としては、やはり心中穏やかではないようです。
なんだか私はこちらばかりが気になってしようがありません(笑)
ついつい、「いつか」の想像です。

娘は?というと、初めての(いとこの)披露宴ということもあり、興味津々…と思いきや、
父親(私)の心配?をよそに、デザートに夢中な姿を見ると、
やはり、あぁ「うちの子だねぇ」と、ちょっとほっとしました(笑)

とはいえ、私も新郎新婦の生い立ちを紹介する感動的なスライドに、
我が子の生まれてこれまでの色んなことが思い出されてきて、不覚にもウルウルきたわけです。
あんなこと、こんなこと、小さな出来事でも宝がいっぱい詰まった写真を思い浮かべました。

早いもので、<ちょっとおとなの入り口に来たかのような我が子ですが、
「親にとってはいつまでも子供です」といった新婦の父の言葉に「うんうん」と頷けました。
そして宴を楽しんでいる様子の我が子に視線を移し、
これまでもそうですが、これからの、ほんの小さな出来事も、大切な大切な一コマになってゆくんだなぁ、と思いました。

新郎新婦が両親に向かって「ありがとう」。
たくさん、たくさん言っていました。
でもね、今の私が思い浮かんだ言葉は、「○○○(娘の名)ちゃん、ありがと。」
ええ、言葉には出せませんけど(笑)

いろんなことがまだまだ多くて、私も弱気になったりするけど
君たち(娘と嫁)がいるから頑張れる。
きっと明日も明後日も。

あっ、そうだ!
きっと毎日って、その「宝さがし」なのですね。

  


Posted by きま at 13:11Comments(0)

2015年01月19日

ブログへのコメントについて

当ブログにおいては、初期はコメント自由反映でしたが、
スパム荒らしが多いため、現在は承認設定になっております。

お寄せくださるコメントは、ありがたく読ませていただいております。

ですが、荒らし以外のコメントを、全て承認するのではなく、
申し訳ありませんが、Sidekick掲載においては選別させていただいております。

 なぜかというと、ここを殺伐とした討論の場にはしたくないからです。

ここは私にとって、かけがえのない発信場所であると同時に、
宝物を貯蔵する憩いの場所でもあります。

2ちゃんねるなどの匿名掲示板とは異なるということを、
どうぞ、ご理解ください。

(殺伐ではない意見交換は、Monsieur chatte大歓迎です。
 ご指摘や反対意見も、謹んでお受けいたします。
 また、左サイドのメッセージボックスをご利用くだされば、
 個別にメールにて返信差し上げます。)

以前も書いたとおり、大海に漂うボトルメッセージに、
どなたかの反応がいただけるということは、
この上ない喜びであり、たいへん感謝申し上げます。

私の一存にて、コメント掲載されない皆さま、
ac motors and dc motorsごめんなさい。

  


Posted by きま at 11:38Comments(0)

2015年01月13日

不公平

毎日、毎日、好き勝手なことばかり書いている。
訪問してくださる方がおられることが不思議なぐらいだ。

いつも、愚ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
なんのお構いもできませんが、深港通 股票とりあえず、ココにお座りください。
今、お茶の一杯、茶菓子のひとつも出そうと???ごそごそ???
していますので???ごそごそ???。


茶菓子が見つからない。
お茶っ葉は、袋が開封されたまま、抑鬱症賞味期限が切れている。
こんなのでも、よろしいか?


わたしは、動かない、という欠点がある。
「動じない」というと、堂々としていて聞こえがいいが、動かない、動けない。
お尻がひっついて、はがれない。

火事なんかの時は、腰が抜けて、逃げられないタイプか?
はたまた、大事なものをいっぱい背中に背負って、香港旅遊業一目散に逃げるのかも?
人に背負ってもらって、救出される?
少なくとも、人を背負って、救出するタイプではない。

つまり、立派な人ではないということだ。
ちょっと迷惑な、困った人かも知れない。

わたしは、自分のことで精一杯なのだ。
人のことなど、面倒見切れない。
自分のことすら、面倒見切れていないのに。
それを自己チューと言われると、申し開きの言葉が見つからない。
一言たりとも弁明できない。




「人に○○してあげる」という行為はすばらしい。
しかも見返りを求めず。

なぜ、あなたは、しないのか?と、詰め寄られる、とする。
「したくないだけなら、それは、わがまま。するべき。しなさい。
出来ないのなら、しかたないけれど」

「わたしがしているのだから、あなたもしなさい。
当然の義務でしょう?」

「能力がないから出来ない?
なにを寝ぼけたことを言っている?
そんなものは経験しているうちに身につくものです」


出来る人、やる気のある人ばかりがやって、
出来ない人はいざ知らず、出来るくせにサボっている人は、なにもしないでけしからん。
これは、明らかに不公平。  


Posted by きま at 11:48Comments(0)

2015年01月12日

葉の先に結ばれたしずくみたいに

私たちは いのちの先端にいる
葉の先に結ばれたしずくみたいに
いのちの先端にたどりついたのだ

独りぼっちだと思っていたら
それはちがうと 教えられた
今 こうして手を動かして
物を見て 何かを考えている不思議抗衰老


私を形造る細胞分裂の時間は 
どこから始まっているのか
母のおなかにつながっていた いのちの記憶を
ずっとどこまでも 遡っていってごらん
DNAは引き継がれ ここに立つ私の中には組合屋

たくさんの声が続いている

だから ひとりひとりが尊くて
気が遠くなるほどのいのちがつらなり
私たちは今 ここに出会っている

私もあなたもあの人も驗窗 
二度とない いのちの連鎖
大切ないのちをつなぐ人だと気づく
こんにちは
この言葉を はるかな想いでようやく
今日 あなたに言うことができる 

  


Posted by きま at 11:31Comments(0)